挙式はシンプルにしてみたほうが負担を減らせる

人数が少なければやることが少ない

簡単に言えば、派手婚は結婚式の色々なアイテムにお金をかけたり、盛大にするもので、こだわるほど時間やお金がかかる派手婚と比べ、少人数の結婚式は、色々メリットがあります。1年前式場の予約をしても招待状など準備は大体3か月前ぐらいからで、しなくてはならないことは最後の1か月ぐらいにします。ですから、どうしても自缶がなくなって喧嘩が起きてしまいます。人数が多くなるほどすることも確認も増えてきて、家族だけや少人数の結婚式は簡単に済ませられます。

大勢いればそれだけ大変に

ほとんどの式場は前金で費用は事前に全額払うことになります。そうすると何らかの手段でいったんお金を準備することに成ります。大きな額になれば準備も大変ですが、少人数の物なら負担にならないぐらいの額ですみます。多くの人から注目されるのが嫌な方もいて、派手婚はどうしても人が増えて、緊張します。その点親しい方だけのものなら、派手な演出がなくて自然体で過ごすことが可能です。凝った演出があれば、それだけで時間は目いっぱいになり、大人数の派手婚は披露が基本でゆっくりゲストと過ごせません。

面倒なことは一回ですませる

徹婚したら、両親のもとにお祝いが届けられて、宅配分で内祝いをとどける方法もありますが。休みを利用しそのお宅にあいさつにいきお返しを届けることになれば、かなり負担になります。結婚祝いをくれるというなら、それなりの関係ですから、お返しをするぐらいなら、食事会を開き一回で済ませてください。実際結婚は2人だけの問題ではなく、結婚すればお互いの家族や親族との付き合いが始まって、冠婚葬祭で顔を合わせることになります。

結婚式なら親族のみで行うとアットホームな空間で緊張感も少なく笑顔あふれる式が進行できます。また、食事なども会話をしながら楽しめます。